あらゆる知識を動員して身体のことを知る。身体を鍛えるためには手段は選ばない!

手の使い方の工夫で肩の力が抜ける

トップ > 肩の力を抜く > 手の使い方の工夫で肩の力が抜ける

手の使い方の工夫で肩の力が抜ける

肩の力を抜くにはコツがあります。
それは手の使いかたを工夫することです。
私たちは、手の使い方にあまりにも無頓着すぎるのです。

たとえば、「手は小指足は親指」という言葉があります。
手は小指が大事で、足は親指が大事ということです。
手は小指をキュッと締めて、親指はフリーにするのが大事なのです。

手の親指に力が入ると、肩にも力が入ります。
肩に力が入っていることに気付かずに手の親指に力を入れ続けると、首や頭の力みにも繋がります。身の回りの不器用な人の手の使い方を観察してみると、手の親指側ばかりを使って肩に力が入っていることが多いのではないでしょうか。

剣道や野球、テニスやバドミントンなど、棒状のものを握るスポーツをやっていた人は、「手の小指に力を入れて握るのだ」と教わったと思います。
そのように握らないと、肩に力が入るからです。

手の親指はフリーにしておくべし

さらにこの格言に補足を加えます。
「手の親指はフリーにしておくべし」
です。

人間の手は親指が一番器用に動くために、親指の負担が大きいのです。手の親指をいつでもフリーにしておいて、親指の力みを抜くように意識するのが、手の使い方を工夫して肩の力みを抜くコツです。

棒状の物を手の小指に力を入れて握ってみてください。手の親指の力が抜けたと思います。手の親指の力みが抜けないときは、手の小指にあえて力を入れるのも有効な方法です。といっても小指にいつも力が入っているのもよくありません。基本的に何も作業をしないときは、どの指にも力が入っていないのが良い状態です。

上記の方法でもどうも手の親指の力が抜けない人は、手の親指を引っ張ってみてください。急激でなく、ゆっくりとじっくりと引っ張ると気持ちがよいはずです。上手くいけば呼吸が深くなることもあります。これは手の親指は肺径といって、肺の働きと関係があるからです。肺がよく働くということは、胸が柔軟であることであり、胸の背面にある肩甲骨の動きや肩の動きも良くなるのです。

手を上手に使うことは全身の鍛錬になる

人の手はとても繊細に動かすことができます。その反面、手の状態が身体の状態や心身に多大な影響を与えます。手の使いかたを工夫することは、身体を鍛えることと同じことなのです。
不必要に手の親指に力を入れないように、柔らかく物を持つ。最小限の力で柔らかく作業する。手が力んだらほぐしたり、引っ張ったり、回したりする。

肩の力を抜くために手の使い方を工夫することはとても大事なことですが、さらに工夫が進むと、腰や全身にその影響があることがわかります。
手の感覚は全身を鍛えるための入り口にもなりうるのです。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional