気とはなにか。藤平光一、中村天風、植芝盛平から学ぶ

中村天風と植芝盛平 氣の確立

トップ > 本から学ぶ > 中村天風と植芝盛平 氣の確立


中村天風と植芝盛平 氣の確立

私は昔、筋トレマニアでした。
でもそれでは壁にぶち当たったのです。
身体は固くなるし、筋トレはさぼると効果が持続しません。

それを打開しようとして注目したのが「日本の武術」の世界です。

世の中で甲野善紀が流行る前から武術の本を読みあさっていました。
今は野口整体で身体を鍛えていて武術をやってはいませんが、今読んでもとても面白い本です。

藤平光一

著者は、武術を志す人なら知らない人はいない合気道の創始者植芝盛平の弟子であった藤平光一先生です。
その藤平光一先生が二人の師匠、植芝盛平と中村天風についての思い出を語っているこの本は「気」ということを体得したいと思っている人には必読の本です。

変な理論でなく、著者自身の体験から「気」について書いているので言葉にリアリティがありますし、中国の気功的な「気」ではなく、日本人が昔から感じている「気」とは何か、ということがよく解ります。

また、だれも文句を言えないほど身体を鍛えた人で、その体験も語っているので鍛練法に興味のある人にもオススメです。

中村天風

中村天風という人は、の自己啓発のさきがけのような人です。
この人も知る人ぞ知る有名な方です。
武術も修めていて、戦争中はスパイとして活躍し、何人も人を殺し「人切り天風」と言われた人です。

藤平光一先生はお二人とプライベートでおつきあいがあったからなのか、なにかと良い面ばかりが語られる事の多い、伝説的な二人の素顔がかいま見れるようなやりとりがたくさん書かれています。

中村天風や植芝盛平に興味がある人もご一読することをオススメします。
また、偉人伝が好きな人は楽しめるはずです。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional